coffee-milk crazy

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- -
2/28 小林賢太郎演劇作品「うるう」@サンケイホールブリーゼ



脚本・演出・出演  小林 賢太郎
音楽・演奏  徳澤 青弦

 チェロの演奏とひとり芝居。
にぶい私は、題名を見ても全然気づいてなかった「うるう」が「閏年」の「うるう」だと。
セットがパウル・クレーの絵みたいだった。チェロの音、やっぱり大好き。
小林さんのお芝居は、いつもまっすぐで、少し意外な気がするぐらい。

どうして1回しかチケット取らなかったかなぁ、、もう1回観たかった。
小林さんも言っていたけど、これライブじゃないと意味ないでしょ、って。

今回もチラシが素敵だった。
あんまりモノを集めたりしないけど、これだけはちゃんととっておく。
ラーメンズはもうやらないのかな…



みたもの 09:10 comments(0)
2/7 草間彌生「永遠の永遠の永遠」@国立国際美術館



 この「草間彌生」の字、すごく好き。
平日の昼間なのに混んでた。若い人が多くて。
草間彌生さんの作品をまとめてちゃんと見るのは初めて。
なにもかも過剰に溢れていて圧倒される。
ご本人は「私は天才」「私は一番になりたい」と、、80歳をすぎてなお思う。
これを抱えているのは本当に大変そうだと。。ちょっと思ってしまった、エラそうに。
4月までやっているし、もう一回ぐらい行ってしまいそう。

みたもの 09:22 comments(0)
ボストン美術館 浮世絵名品展@神戸市立博物館



 灼熱地獄の中、行ってきました。『紅嫌い』という紅色を使わない錦絵が印象に残った。墨の色を基調に紫や緑の配色がかなり好き。あとは、やっぱり歌舞伎の絵。画像は東洲斎写楽の市川男女蔵。そしてオーディオガイドは、市川亀治郎丈。もちろん借りた。

みたもの 21:52 comments(0)
薔薇とサムライ@梅田芸術劇場




観た記憶が遠のきつつあるな(今は6月9日)。。とりあえずメモメモ!
あんなに海賊が似合う女優さんはいません、というぐらい似合っていた、天海祐希さんでした。

みたもの 20:40 comments(0)
Paiper#8 THE LEFT STUFF@シアター・ドラマシティ



 とりあえず自分用メモ。

いつも誘ってもらって観に行っている、パイパーの第8回公演。誘ってくれた同僚が転勤してしまい、置き土産のチケット8枚。。誘いあわせて行ってきました。

うん、今回も面白かったのですが、これは日によってムラがありそう、、観客参加型?だし。アドリブもかなりありそうな。DVDを見るのが楽しみ。何パターンか収録されているんだろうか。。そして、やっぱり私は山内圭哉さんが好きらしいと確認。

みたもの 22:25 comments(0)
長谷川等伯展@京都国立博物館


柴田是真の後は、等伯展へ。前日、HPで混雑状況を見ていると、どうも夕方のほうが良さそうということで16時前に到着。待ち時間は無しでした。開館時間は18時(金曜日は20時)までなので、16時に入っても、ゆっくり観られます。

長谷川等伯(1539-1610)、全然知らなかったんですよね。。利休の肖像画を観て「あ、これ見たことある」ぐらいだったんですが、、なんだか圧倒されたー。豊臣秀吉に気に入られたという豪華な金碧画と水墨画のあまりに対照的なところとか、『仏涅槃図』のすごい大きさ、直線と濃淡で描かれた樹や岩と、手長猿の毛のふわふわ感の落差、勝手に寺にあがりこんで描いた襖絵。そして、最後に展示されていた『松林図屏風』は、なんとも言えない、観られてうれしかったとしか言い様のないものでした。とりあえず観ておこうか、ぐらいの気持ちで行ったんですけど、ごめんなさい、、って誰にあやまっているのか。

最後のグッズ売り場で、すごーく楽しみにしていた、手長猿のぬいぐるみが無かった・・・東京限定だったのかな?TwitterのTLで見て、買おうと思ってたのに。。
みたもの 20:24 comments(0)
―江戸の粋・明治の技― 柴田是真の漆×絵展



東京で開催されていたときから、楽しみにしていた柴田是真(1807-91)の展覧会に行ってきました。はじめて行く、相国寺承天閣美術館。展示されていたのは、漆の道具や器と絵などでしたが、もう断然、道具や器のほうが好きでした。文箱や紙料箱、硯箱、重箱などの箱もの。そして、数々の印籠。特に印籠は素晴らしかった。印籠のモチーフで『狐の嫁入り』というのがあって、林の間を嫁入り行列が進んで行く場面を描いているのですが、それがとっても気に入りました。『ふくら雀の根付』もかわいかった。欲しい・・・。小さな道具というものに、どうも惹かれてしまう。重い素材と見せかけて、紙などに変塗をした器も面白かった。遊び心あふれる方だったんだなぁ。

そういえば、この間読んだ、古井戸秀夫著『歌舞伎入門』にも柴田是真の名前が出てきてました。河竹黙阿弥(1816-93)が、友人だった柴田是真に頼んで、父の五十回忌追善に『五十(いそ)の浪』という白い浪模様の浴衣を配ったと。黙阿弥は「白浪狂言」と呼ばれるジャンルを得意にしていて、その一つ『三人吉三巴白浪』を来週、歌舞伎座で観ます。楽しみ!白浪って、盗賊のことなんですね〜。ふむふむ。

みたもの 19:28 comments(0)
下鴨神社 蹴鞠初
 


建仁寺の後、ちょうど時間が合ったので、下鴨神社で蹴鞠初(けまりはじめ)を見てきました。テレビで見たことがあったけど、生で見るのはもちろん初めて!着いたら、鞠庭の周囲は人垣で何も見えず…これは外から見るのは無理と判断して、観覧席に入ってみました。始まる前から、ずっとマイクでの説明があり、鞠が鹿の皮でできていることを知る。。そうか、鹿なんだ。。最初に神事があり、蹴鞠がはじまりました。うーん、難しそう。なかなか続かなかったり、鞠が飛んで行ってしまったり。蹴鞠は時間が決まっていなくて、疲れたらやめていいらしいです。そして、勝ち負けもないと。ええ!?いただいた冊子を読むと、茶道や武道のように精神的な向上をも求めて鞠道(きくどう)というものだったらしい。スポーツかと思っていたのに、全然違いました。来てよかったな。今年も京都にいろいろ見に来よう。
みたもの 20:42 comments(0)
建仁寺両足院 新春特別公開

 
お正月にあまりにも、ごろごろしていたので、なんだか腰が痛い。。座っているのもつらいので出かけることに。美術館はまだ開いていないし、初詣は行ったし…ということで、建仁寺両足院の新春特別公開に行って来ました。

公開されているのは、長谷川等伯の「水辺童子図」襖絵、「竹林七賢図」屏風。伊藤若冲「雪梅雄鶏図」。
等伯の絵は、定規で引いたような、真っ直ぐな線で書かれた竹林、ユーモラスな表情の人物と、やけに太く、縁取りのように描かれた衣服の線。襖絵のほうは、上部が途中で切れたように空白になっていて、不思議な感じ。張り替えたのかな?2月に東京国立博物館で没後400年の特別展があるらしい。もう少し他の絵も観てみたい。今回は、自分の中であまり印象に残らなかった。。
若冲は、いつもの、見覚えのある鶏。ただ、照明がないところにかかっていて、どうしても少し暗いので、詳細を観にくい。でも、ガラスもなく、近くに寄って観ることができたので、それはうれしかった。人も少なく、しばらく独り占め状態。贅沢なことでした。
ご朱印帳を書いていただいているときに、6月にまたおいで、HPにお知らせ出すからね、と。庭に白い花が咲くらしいので、また行ってみたい。

新春特別公開は、1月17日(日)までです。
みたもの 19:55 comments(0)
ハンス・コパー展@兵庫陶芸美術館



日曜美術館の展覧会情報を見て、これは行ってみたい!と思い立ったが吉日。行ってきました。丹波笹山、ひさしぶり。昔、母が立杭焼きが好きで、窯めぐり?に付き合わされたなぁ。そのときは、全然焼き物に興味がなく、今思えば勿体ないことをした。

ハンス・コパーの名前は、恥ずかしながらまったく知りませんでした。ただ彼がいた工房、ルーシー・リーの作品は2007年夏号の「暮しの手帖」を見て、ずっと興味があったので、今回のコパーの展覧会も観てみようと思ったのです。行ってみたら、リーの作品も展示してあり、はじめて生で観る作品に興奮。「暮しの〜」で見た、コーヒーセットはコパーとの共作となっていました。彼がリーのために作ったシールツリー、印章(シール)を組み合わせて作ってプレゼントしたという、クリスマス・ツリーがとてもかわいかった。

コパーの作品は、ええっと、最初の印象は、、、土器みたい。というものでした。ひーすみません。色は白〜茶〜黒。古代彫刻に影響されたという、見たことないフォーム。その根元はポッキリと折れてしまいそうな、展示している作品を見ているだけで心配になるような…不安定なオブジェ、でも昔々の道具のようでもある。ウォール・ディスクは、大きなフジツボみたいだったなぁ。遊具のような壁。レンガなんかも作ってらしゃいました(展示はなかった、写真のみ)。

来年春に東京である、ルーシー・リーの展覧会に行きたいなー。大阪にも巡回するけど12月って遅すぎるわ!

みたもの 21:41 comments(0)
CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
ARCHIVES
RECENT COMMENT
QR CODE
qrcode
PROFILE


SPONSORED LINKS